競馬は海外レースでも勝負

着順

日本の競馬は世界レベルになっており、海外のレースでも日本馬が活躍することが増えました。そのため、海外の競馬の馬券をJRAで購入できることになったのです。そのため、今では外国の主要な競走なら勝負することができます。

また、JRA以外にも外国の競馬で勝負することができます。その方法がブックメーカーです。海外のブックメーカーでは競馬が賭けの対象になっているのです。そのため、JRAでなくても、ブックメーカーで競馬の勝負をすることができるのです。また、おすすめなのがJRAとブックメーカーでオッズを見比べて勝負することです。

JRAでの馬券はJRA会員によるオッズのため日本馬が過剰人気になる傾向にあります。そのため、ブックメーカーとJRAの馬券のオッズは大きく違うのです。自分が購入したい馬券のオッズが高い方で勝負した方が絶対に有利です。だから、海外のレースで勝負するときにはJRAとブックメーカーのオッズを確認してから馬券を購入するべきなのです。少しでも有利な条件で勝負できるようにJRAでもブックメーカーでも馬券を購入できるようにしておくべきなのです。ぜひ外国のレースで勝負してプラス収支になってください。

競走馬

海外競馬 注目の競走が多い

馬身

JRAが開催している中央競馬より海外競馬で勝負するのがおすすめであるとする理由の一つに、世界中から注目を集める競走が多いことが挙げられます。日本にも、ジャパンカップをはじめとして、賞金面では外国の国際G1レースと同等かそれ以上のレースがいくつもありますが、輸送面のコストや、競馬場のコースに敷き詰められている素材の海外と日本の違い、競馬シーズンの違いなどから、有力馬がなかなか参戦せず、注目も集まりにくいのが現状です。

関係者やファンから特に注目されるレースの例を挙げると、フランスで行われる凱旋門賞は、近年ヨーロッパで行われているレースの中ではずば抜けて賞金が高く設定されていることや、100年近い歴史があり数々の名馬が勝利をしていること、開催時期がシーズンの終盤にあたることから、世界最高峰の芝の国際レースとして注目を集めています。当レースは3歳馬は能力面の配慮により4歳以上の馬より負担重量が少なくされており、そのせいもあって3歳馬の優勝が多いのが特徴です。

一方、ダートコースにおける世界最高峰は、UAEで行われるドバイワールドカップです。このレースも、賞金の高さと、それ故に集まってくる馬のレベルの高さで最高峰の地位を維持しています。1996年で第1回が開催されたときは賞金総額は400万ドルでしたが、数年に一度のペースで増額されており、現在の賞金総額は1,000万ドルとなっています。

世界中で注目されているレースにはこの他にも、アメリカで毎年持ち回りで開催されているブリーダーズカップや、世界最高となる1,200万ドルの賞金総額が設定されているペガサスワールドカップなどたくさんあります。

馬

海外競馬 牝馬のレース

牝馬三冠レースは、日本の数ある競馬レースの中でも人気があります。3歳牝馬限定競争の桜花賞、オークス、秋華賞を指します。

オークスは、イギリスのオークスを手本として、1938年に創設されます。日本のクラシック競争のひとつとされ、スピードとスタミナ両方を有した繁殖牝馬を選ぶためのレースだと言われています。2010年からは、外国馬も出走できる国際競争となっています。

海外競馬ではよく知られているイギリスのオークスは、Epsom競馬場で行われます。現在は、世界中でオークスが行われていますが、最も歴史あるオークスとして特別な存在となっています。

オークスは、1779年に第12代ダービー伯爵が自分と友人の馬でレースを行ったのが始まりです。第12代ダービー卿は、樫の森があるオークスという土地を持っていました。彼が結婚した時に、記念として競馬を開催し、オークスと名付けたことが由来となっています。

イギリスでは、ダービーよりもオークスの方が先に創設されています。アメリカでは、オークスを模範として1875年にケンタッキーオークスが創設されています。

日本では、オークスとの混同を避けるために、イギリスオークスと呼ばれています。

競走馬